生き物から気象まで気がついたものを幅広く書いています


by plantthebell
カレンダー

<   2010年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

昨日(11/27) 横浜で行われたシンポジウムに行ってきた。これは今年5月3日に亡くなられた浜口哲一さんを偲ぶ会として行われたものだ。
f0141739_16191365.jpg

 
シンポジウム
生きもの地図を未来へ
浜口哲一さんの足跡と、これからの道

主催 日本野鳥の会神奈川
後援 浜口哲一さんを囲む会 (財)日本野鳥の会 (財)日本自然保護協会 (財)日本鳥類保護連盟 NPO法人神奈川県自然保護協会 神奈川県植物調査会 瀬上の森パートナーシップ

小川潔氏の寄稿、開発法子氏((財)日本自然保護協会) 平田寛重氏(日本野鳥の会神奈川)佐藤恭子氏(神奈川県植物調査会) 森啓太氏(神奈川大学) 田端裕氏(こまたん) 秋山幸也氏(相模原市立博物館)と講演が続き浜口さんの偉業と功績を称えていた。
中でも神奈川大学院生の田端氏は最後の教え子ということで平塚キャンパスで浜口先生の「伝えたかったこと」を目一杯語ってくれた。とても贅沢なフィールドワークと講義だったに違いない。羨ましい、本当に。

たくさんキーワードがあるのだが、今回は2つ紹介しておこう。
トコロジスト その所の専門家。鳥や植物の専門家ではなく「その場所」の専門家。つまり足繁くその場所に通い詰め、歴史や文化も含めてよく知っている人が必要だ。場合によりトコロジスト集団であれ。
放課後博物館とはアフター5や土日祝祭日など、社会人でも参加できる調査観察の薦めである。

参加者は400人を越えていた。浜口先生を慕う人たちの何と多いことか、、、。
平塚博物館では館長までされた方だが常にフィールドワークを説き、実践していた。教えるのではなく、感じてもらうことを大事にしていた。そして常に新しい切り口で身近な自然を見せてくれた。
数えられないくらいのノウハウと知識を持ちながら落ち着いた語り口は変わらなかったと言う。

同行のK氏と帰り道でいろいろ話してきたのだが、浜松でもトコロジスト活動を広めなきゃいけないね、という結論だった。きっと会場を出るときに浜口先生が一人一人の背中をそっと押してくれていたのだと思う。
[PR]
by plantthebell | 2010-11-28 16:21 | 自然のこと

セグロアシナガバチ

f0141739_2018296.jpg

小春日和の土曜日、日の当たる松の幹に数匹。時間と共に体が温まってきたようで次第に飛び回り始めた。けっこう近寄って(50センチくらいまで)デジカメを構えていたのだが、、、  遠巻きに人が見ていたのに気が付くのが遅れて、、、 怪しい人だと思われたらしい。
※撮影 11/20(土) 浜松市西区篠原町の海岸松林
[PR]
by plantthebell | 2010-11-25 20:32 | 昆虫

ハシボソガラス

11/24(水) ハシボソガラスの珍しい鳴き方を観察した。(佐鳴湖公園)
f0141739_21175946.jpg

ハシボソガラスによく見る行動で、頭を下げながら「ガララ、ガララ」と鳴くことがある。この動作で「コツ、コツ」と鳴くのだ。始めは見えないところでコゲラが木を叩いていたのかと思ったのだが、カラスの行動とこの「コツ、コツ」の音が合った。

よくよく見るとまだ今年の若鳥のようだ。時々「ガララ」と鳴いているので声が出ないわけではない。もしかしたら練習しているのかもしれない。今の行動が意識して他の意味を持たそうとしている風でもない。なぜなら他のカラスの鳴き声と呼応していないからだ。辺りを見回してはいるが、周りがこの若鳥に無関心のようだ。

その後の行動も観察していたが、あまり人を恐れずに駐車場まで降りてきて車の傍で休んでいた。さらに詳しく見ていたらどうも脚に腫瘍状のぶくぶくがあり歩きにくそうだった。心なしか元気も無さそうに見えた。もしかしたら本当に鳴けなかったのかも知れない、、、。ときどき公園に立ち寄ってみることにしよう。
[PR]
by plantthebell | 2010-11-24 21:25 | 野鳥

カラスの足跡

f0141739_151308.jpg

海岸の砂浜は見てるだけでも楽しいものだ。一番多いのはやはりハシボソガラスの足跡。ヨチヨチと歩きながらも、その歩きにくさゆえに、、、尾羽を引きずった跡まで残る。
これに(たぶん)犬の足跡が交差したり、人だったり、ドバトだったりする。何をしようとしていたのか推理するのも楽しい。カラスは賢いので遊ぶ様子が見て取れることもある。ひっくり返した板っきれ、オレンジ色の塊(たぶん「浮き」の残骸)はつついたように転がった跡が残る。それらをグルグル巡る足跡。時に飛んだのか途切れたりしている。

日常の忙しさから離れて頭を空っぽにするのは、、、とても良い場所だ。
[PR]
by plantthebell | 2010-11-21 15:14 | 野鳥

ヤマガラ

11/20(土) ヤマガラ 8± 浜松市西区篠原町 海岸松林
イベントがあって50人以上の親子がワイワイやっている近くでヤマガラの群れ。これにシジュウカラとコゲラそれにジョウビタキ♀1が加わりとても賑やかだった。こんなに人懐っこいトリだったかなぁ~。
[PR]
by plantthebell | 2010-11-20 15:10 | 野鳥

越冬ツバメ

11/16 越冬ツバメ 20± 浜松市南区飯田町 
公園の上を行ったり来たりしていた。ここが餌場になっているらしい。昨年もこの近くの国道で東から西へ夕空を飛んでゆくのを見ている。もしかしたら、、、今年も注意してみよう。
[PR]
by plantthebell | 2010-11-16 20:34 | 野鳥

ツグミ

11/16 南区飯田町 ツグミ ?・・・たくさん! 
それにしても挙動不審で落ち着きの無いなトリだと思う。集団でいても飛び立つときはてんでバラバラだし、勝手な方向に飛んで行っちゃうし、そのくせ何だかまた集まってくるし、、、。
[PR]
by plantthebell | 2010-11-16 20:27 | 野鳥

アオギリの種

f0141739_22132071.jpg

上野公園でアオギリの種を見つけた。試しに飛ばしてみるとヘリコプターのようにくるくると回りながら落ちる。
調子に乗ってやっていたらここが上野公園であることを忘れていた、人が大勢歩いている、、、、。
[PR]
by plantthebell | 2010-11-13 22:17 | 植物

アマツバメsp.

今日(11/13) アマツバメsp. 5 東京都千代田区外神田 万世橋 上空
高層ビルの更に上空を舞い飛んでいた。しかし誰が見てきたんだろう?
[PR]
by plantthebell | 2010-11-13 21:48 | 野鳥

黄砂

今日(11/12)静岡県では観測史上初の11月の黄砂を観測した。中国内陸部の乾燥化が進んでいるそうだ。そのためこの時期になっての黄砂となったらしい。今日の黄砂は東海、北陸、関東地方まで飛んだ。
夕方の天気予報をみていると各局で黄砂を伝えている。大陸で生まれた低気圧がはるばる日本まで運んできたという。ちょっと困りものの中国からのお客様だった。
[PR]
by plantthebell | 2010-11-12 18:00 | 気象