生き物から気象まで気がついたものを幅広く書いています


by plantthebell
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ケラ

今日は菜の花畑の抜き取りをしていケラを見つけた。小学生の女の子がが4人ほど参加していたので、早速自然観察会が始まってしまった。一番の狙いは手のひらにケラを乗せること。手の平にケラのモゾモゾとした感触を味わって欲しい。これこそ実体験なんだから。 

最初は恐る恐る手を出した子の手の平にそ~っとケラを乗せる、、、、、。
「うふふっ」と笑ってくれた。
そしたら次の子が私も、、、と手を出した、、、。
テレビやインターネットでは分からないこの感触をこの4人の子どもは確かめることができた。仕事はそっちのけになってしまったけれど大きな体験だったに違いない。

驚いたことに、母さんたちもケラを見たことがないことが後になって発覚! そして、そのお父さんたちも挙動が怪しかったのでもしかしたら、、、、。

畑の片付け仕事は2時間半ほどで終了。子どもたちの収穫は、ケラ、ウリハムシ、緑色カメムシ、小型のカメムシ、蛾?のサナギ、アリ2種類、モンシロチョウ、ミツバチ、ショウジョウバエ、鳥ではムクドリがすぐそばまで来て餌探ししていたし、スズメ、カワラヒワ、ハシボソガラス、セグロセキレイなども見られた。もちろんそんな名前を全部教えてあげたわけではない。ことしのテーマ「生物多様性」についてそれとなく関係を仄めかしてあげただけ。
そうそう「菜種油」もお母さんたちには宿題にしてあげた。もちろん今頃は各家庭で調べていますよね。こんなに菜の花の片付けをしたんだから当然だよね。
[PR]
by plantthebell | 2010-05-22 20:53 | 昆虫

カマキリ

先日のこと妻の職場で珍事発生!妻はそのことを休み明けに知った。つまり菓子箱に入れておいたカマキリの卵塊から子カマキリ誕生! つい、か? うっかり、か? その箱を開けた人がいたそうな。そして大騒ぎになったのは言うまでも無い。
私はその光景を見たわけではない。しかし子どもの頃そんなことは毎年の恒例行事みたいなもので、半透明みたいな白いカマキリのこどもが箱の中からウジャウジャ出てくる様子は懐かしく想像できる。
油断していると共食いをしている。しかしその餌を与えるなんてことは考えもしなかったもんだから、庭に放した。後々になって「蜘蛛の子を散らす」という言葉を知ったのであるが、これはそのまま「蟷螂の子を散らす」と置き換えて認識した。
妻の職場では子カマキリを飼うらしい。「餌は何をあげたらいい?」との問いにしばし考慮。「たぶんバナナの皮」と答えると、「そんなの食べるんだ!」って、、、。正解は、その皮に集まるショウジョウバエが餌になるはず。まあ思いつきなんで正解かどうかは不明ですが。(困ったもんだ)

しばらくしたら生きてるかどうか聞いてみよう。
[PR]
by plantthebell | 2010-05-18 22:13 | 昆虫

ノウサギ

ノウサギ 轢死 5/10(月) 豊橋市
いつも思うことだが、道路に横たわった姿を見てその存在が明らかになる。生きている時に出会いたかった。今日もその惨めな姿をみて残念に思う。通り過ぎた瞬間に「ノウサギ!」と叫んだものの引き返すのに時間がかかった。轢死体の写真は撮ったものの掲載するまでには至らず。
[PR]
by plantthebell | 2010-05-10 22:38 | 動物

浜口哲一先生ご逝去

5月3日に浜口哲一先生ご逝去の報が入りました。享年62歳。
神奈川県の平塚博物館に長く勤務され、その後、神奈川大学で教鞭をとられていました。
私にとっては思い出深い先生でした。もう30年ほど昔の話、その平塚博物館まで押しかけて行き、いろいろなお話を聞かせていただいきました。俳句の会との観察会。タンポポ、セミの抜け殻などの市民を巻き込んだ調査などなど。自然観察の基本と親しみやすい説明など目から鱗の連続でした。著書も多く、絵本から調査法まで多岐にわたっています。私の自然観察の50%は浜口流だと思っています。

浜口先生のご逝去、心よりご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by plantthebell | 2010-05-07 06:38 | 自然のこと

キジ

f0141739_5531181.jpg 5/5(木) 浜松市西区篠原町、 西部清掃工場近くの畑。辺りが見渡せる堤の上でひと声ふた声「ケン、ケーン」と鳴いた。
 近くのアシ原からはセッカやオオヨシキリの声も聞こえてくた。季節が確実に移り変わっているのを感じる。
 そういえば秋には名古屋で生物多様性国際会議COP10が開催される。今日のような小さな{自然」の積み重ねが生物多様性に繋がっているんだなぁ~。
[PR]
by plantthebell | 2010-05-06 06:09 | 野鳥

ハジボソガラス

5/4(土) 浜松市中区西山町 ハシボソガラス(2羽)が松の落ち葉を嘴に咥えていた。巣材にするつもりなのだろう。確かに枝よりはクッションはいいだろうけれど、ちょっと痛そう。 
[PR]
by plantthebell | 2010-05-04 17:47 | 野鳥

コアジサシ

 4/30(金) 浜名湖今切れ付近で コアジサシ 10+
カモメに代わって海鳥到着。 ヒラリヒラリ、フワフワ、軽やかな夏っぽい飛び方だと思う。 
[PR]
by plantthebell | 2010-05-01 23:30 | 野鳥

シュレーゲルアオガエル

 5/1(土) 佐鳴湖西岸の田んぼで鳴いていた。コロコロコロとでも言うのか甲高い鳴き声だ。もうすぐ白い卵塊が田んぼの畦道に産み付けられるのだろう。人知れず頑張っている姿?に勝手に感動した。
[PR]
by plantthebell | 2010-05-01 23:11 | 両生爬虫類