生き物から気象まで気がついたものを幅広く書いています


by plantthebell
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

オオタカ

 あまりオオタカのことは詳しく書いてはいけない雰囲気がある。しかし書く。細かな雨が降るある日、F市のある場所、いつもの大木の頂にやって来た。その距離およそ50メートル。しかも大きな音が出る作業をしている最中だ。
 ふと見上げるとオオタカがそこに居た。体をブルッと震わせ雨粒を振り払った。怪しい曇り空を背景にオーラを放っている。「威厳」をこんなに感じるものか、というほど感じた。よく水墨画などの掛け軸などで眼光炯炯たる鷹の絵があるが、まさにその鷹を感じさせるものだった。

 いやぁ~本当に良いものを見させていただきました。ちなみのそのオオタカ、ちょっと目を離した隙にいなくなりました。見てないようで見られていたのでは?
[PR]
by plantthebell | 2009-03-06 19:13 | 野鳥